ico_language01 ico_high ico_baby01 ico_english01 ico_feature01 ico_primary01 facebook twitter math01 national01 ico_kids01 icon_baby-kumon01 icon_mokuba icon_book icon_crayon

【第1回ママサポーター座談会レポート】親子の成長を考える Baby Kumon

親子で成長できる「Baby Kumon」 初のママサポーター座談会。
KUMONママサポーターのみなさんには「Baby Kumon」の教材体験やスペシャルゲストによる読み聞かせ、また、親子の成長についてのトークタイムを楽しんで頂きました!
Baby Kumonの魅力を改めて知ることができ、大盛り上がりだった当日の様子をチェックしてみましょう。

はじめまして!の自己紹介から

今回は、ママサポーターとお子さまたちが、ゆったりクッションに座りながらの座談会。
お子さまものびのびできるアットホームな空間でした。
まずは、お互いのことを知ってもらうためにみんなでわいわい自己紹介。
特に、お子さまのお名前の由来のお話は、お子さまに込められたママの愛情が溢れていました。

親子のやりとりを豊かにする「Baby Kumon」の教材って?

親子の絆と学びの土台を育むことを目的としている「Baby Kumon」は、読み聞かせやことばのやりとりを豊かにする「オリジナル教材」と、先生とお話をする「月1回の教室」がセットになっています。

ことばのやりとりを続けることで、親子の絆がもっと深まり、子育てをより楽しめるサポートをするのがBaby Kumon。

ここからはBaby Kumonの教材がどのような内容になっているのか、アイテム毎に一緒に楽しみながらご紹介しました。

親子のやりとりが楽しくなる「うたぶっく&CD」

まずは、0~2歳のお子さまが「『うた』って楽しいな」と感じてもらえるよう選曲した「うたぶっく&CD」から体験。
1つのCDの中には、お子さまがノリノリで喜んでいただけるような曲と、ゆったりとした曲がどちらもバランスよく入っています。いずれも「Baby Kumon」が大切にする「ことば」がしっかり伝わるようアレンジしています。

今回は、「うたぶっく」を使って「チューリップ」や「だるまさんがころんだ」などを、お子さまといっしょに歌ってもらいました。
絵を見ながらお子さまとやりとりが広げられるよう、歌あそびのヒントも書いてあります。

「だるまさんがころんだ」の“あっぷっぷ~”のところで、お子さまの顔にぷ~っと息をかけたりすると、コミュニケーションの幅が広がりますね。

ママサポーターの感想


コチンさんも教材に興味しんしんで最近やりだしたズリバイで目的の本まで一直線!!本やCDで歌を聴かせたり一緒に身体をつかった遊びをしたり想像していた「ザ勉強」という感じではなく子供と楽しめるという印象
ayakaさん
 

ことばあそびのきっかけになる「やりとりぶっく」

次は、親子のことばのやりとりのきっかけになることを目指した「やりとりぶっく」。1冊の中で、めくりあそび、ものあそび、ことばあそびの3種類の遊びが入っています。

軽くて持ち運びがしやすいこと、子どもが手に取りやすいこと、めくりやすいことを考えて制作されています。また、0~2歳という何でも口にいれてしまうという時期ですので、食品衛生法に基づく検査を行い、衛生面でもママに安心して使っていただけるものになっていますよ。
 

めくりあそびの「いないいない」のページをめくったら・・・「ばぁ!」。
ページをめくった瞬間にお子さまが興味を持つように背景色を変えるなど工夫されています。
こちらもうたぶっく&CDと同じようにあそび方のヒントが書いてあるので、ただ読むだけではなく、ご家庭でもあそびを広げていただきやすくしています。

ママサポーターの感想


実際のものを
手に取って見るのは初めてでした。

教材も盛沢山なのに
毎月のお月謝がお安いのも魅力的…。
 
教材を通して赤ちゃんとの時間を有意義に過ごしたり
 
また、ひと月に一回
先生にお会いして
赤ちゃんの成長の喜びを分かち合う
 
そんな素敵なプログラムです

 harunaさん

先生といっしょに親子の成長を確かめる「れんらく帳」

「月1回の教室」では、くもんの先生が教材の使い方をレクチャーするだけでなく、幼児教育のことから子育てのことまで、ママの悩みや不安に対してもアドバイスします。お子さまの「できた!」を記録していく「れんらく帳」を使いながら、くもんの先生とやりとりしていきます。

ママサポーターの感想


正直、0歳から習い事!?
と初めは思いました。

ですが、読み聞かせの大切さや
初めての育児で子供とどう遊んだら良いかわからない。
というママの悩みを解決してくれるプログラムにとても感激しました。

一人で子育てに悩むママ達が
月に一度先生との関わりを持ち、
ママのペースで。
ママも一緒に楽しめるように。。とサポートしてもらい

頑張ってるね。
の一言をかけてもらう。

これって
とっても嬉しい事だなぁ。
と思いました。

misakiさん

かけがえのない時間を育む「よみきかせ絵本」

KUMONではお子さまに本が好きになってほしいという願いがあります。そのためBaby Kumonでは毎号1冊「よみきかせえほん」を教材にしています。

絵本を買おうと思うと、自分の好みだったり、子どもの好きそうな絵本ばかり買ってしまいますが、いろいろなジャンルの絵本にふれることで子どもの新たな一面を見つけたり、子どもの興味の幅を広げることができます。

子どもに読み聞かせをする時間を通して、「この時間はかけがえのないものだな」と感じていただけるのではないでしょうか。

今回はスペシャルゲストとして、よみきかせえほん「まだかなまだかな」の作者である、たかいよしかず先生に絵本の読み聞かせをしていただきました!

「お子さまにとって初めての絵本になるかもしれないので、この本で何を伝えられるかを考えました。なので、お子さまの“考える力”が養えるような、くろくまくんの1日のお話にしたんです」

ママサポーターの感想



1号の絵本の著者、公文のイメージキャラクターのくろくまくんを描いた、たかいよしかずさんもきてくれて!
サイン入りの絵本をお土産にくださったのですが、これがまた息子が大好きでした
お話の中にちょっとした擬音語が入ってるんですが、そこが楽しいみたいで
「ぱっ!ぴっ!!」
とか一緒にニヤニヤしながら言っています^ ^;;

tokoさん
 

子どもの成長とママの成長を考えるテーマトーク

最後は、普段なかなか言葉にする機会が少ない、子どもの成長とママ自身の成長をテーマにみなさんで話し合ってもらいました。
笑いあり、感動の涙もありの大盛り上がりなトークタイムとなりました。 

「子どもの成長を感じたエピソードは?」という質問では、「思いやりのある子に育っていると思う」「1人で歌える歌がたくさんある」や、Baby Kumonを習っているママからは「ことばに興味を持つようになって、本を進んで読むようになった」など、みなさん「うん、うん」とうなずきながら共感し合いました。

「ママとして頑張ったことは?」というテーマに対しては「仕事や家事に追われている時、自分のイライラを表に出さず子どもたちと向き合えた」、「子ども連れだからと言って、行動範囲を狭めずいろいろと経験させてあげるようにしている」など、たくさんのママの想いがありました。

お子さまとのやりとりの中で成長を感じとったり、言葉にすることでママ自身の成長に気づいたり。
たくさんの意見にみなさんが共感しながら、笑顔がいっぱいの座談会となりました。
みなさん、ありがとうございました!

 

▼座談会参加ブロガーのブログ記事

■ベビー公文座談会二回目♡
https://ameblo.jp/rinrinkorinrinko777/entry-12240127955.html

■baby KUMONの座談会【KUMONママサポーター】
https://ameblo.jp/ro-hf/entry-12239386544.html

■KUMON第6期第3回テーマ☆クロクマくん♡
https://ameblo.jp/misakiblogmisakiblog/entry-12238683327.html

■母として頑張ったことを見つけたい!【KUMON】
https://ameblo.jp/tokotokodambo/entry-12241431090.html

「夫婦が仲良くしていると、子どもは自然に育つ」

Baby

「夫婦が仲良くしていると、子どもは自然に育つ」

Baby

Baby Baby