ico_language01 ico_high ico_baby01 ico_english01 ico_feature01 ico_primary01 facebook twitter math01 national01 ico_kids01 icon_baby-kumon01 icon_mokuba icon_book icon_crayon

AKB48グループのアイドルにインタビュー!KUMONで学んだこと、アイドル活動にどういかされていますか?

所属するグループの違いもあって、これまで関わる機会が少なかったというAKB48の後藤萌咲(もえ)さん(写真左)とSKE48の後藤楽々(らら)さん(写真右)。苗字が同じで共に名古屋出身、実はお互いKUMONの学習経験者というリンクする部分の多い2人が、「KUMONとアイドル」をテーマにいろいろと語ってくれました。

KUMONをやってたと聞いて「なるほど!」って思った(後藤楽々さん)

萌咲さん:ユニット活動で多少の接点はあったけど、グループが違うからなかなか会う機会はなかったよね?

楽々さん:そうだね。同じ苗字で名古屋出身同士ということで「W後藤」って言ってくれる方もいたけど。

萌咲さん:とにかく、実家も近いから地元トークに花が咲く!しかも、お互いKUMONを学習していた者同士とは思わなかったな。

楽々さん:萌咲ちゃんは、勉強を熱心にやっているイメージがあったから、今回KUMONをやっていたと聞いて「あぁ、なるほど!」って思った。

萌咲さん:いやいや、そんな。楽々ちゃんだって、かなり勉強しないと行けない学校通ってたじゃない。実は私も楽々ちゃんの学校を中学受験で目指そうと思っていたんだけど、結局やりたいことのためにAKB48への道を選んだの。

壁を乗り越える気持ちは、KUMONで養われたかな(後藤萌咲さん)

萌咲さん:KUMONの学習は、2歳頃からスタートしたんだけど、楽々ちゃんは?

楽々さん:私も、同じ頃からやってたよ。「ズンズン」(※)をやっていたことを覚えてる。えんぴつを持って線を引く教材。

萌咲さん:私もやってた、やってた!懐かしい!

楽々さん:私はもともと勉強好きというタイプではないけど、お母さんのサポートもあって「やらなきゃ!」と思っていたタイプかな。毎日自宅で5枚のプリントをやるというルールが決められていて、1日でもやらないと次の日10枚になっちゃうから、それが嫌で毎日頑張ってた(笑)。
小さい頃、親が厳しかったんだけど、今思うとあの時厳しくしてもらって、良かったと思う。
やり遂げたことでいただいたトロフィーとか、形として残っているものを見るとやっていて良かったと思うし、KUMONのおかげで“やり抜く力”は身についたと思うな。

萌咲さん:私の親は逆だったかも。厳しくというよりも見守る感じで「つらかったら辞めてもいいよ」って言ってくれていた。でも、内心は辞めてほしくはなかったと思うけどね。
KUMONは5年生までの約10年間お世話になったんだけど、宿題ができなくて教室に行きたくない時があったの。でも、なんとか頑張って宿題をやり終えた達成感というか気持ち良さは忘れないし、壁を乗り越える気持ちはKUMONで養われたかな。
 
※ズンズン・・・楽しみながら、各教科の「書き」学習に必要な運筆力・作業力・集中力を養成する公文式教材。

KUMONで身につけたやり抜く力で、KUMON大使になる!?

萌咲さん:楽々ちゃん、アイドルとして今後の目標とかあるの?

楽々さん:具体的にコレというのはないんだけど、SKE48の活動の中で「ここに楽々ありき!」という何かを残したいなと思ってる。アイドルの目標って難しいと思うんだけど、一度やるって決めたからにはやりきりたいなって。4月から大学生になったんだけど、学業も頑張りたい。しっかり成績を残さないとダメなんだけど、留学もしたいと思っていて。

萌咲さん:留学しながら活動するっていうのもおもしろいかも!楽々ちゃん英語話せるし、AKB48グループは、インドネシアのJKT48やタイのBNK48とかもあるしね。

楽々さん:日常会話はできてもお仕事で英語を使うならもっと高いレベルの語学力が必要だと思っていて。今あるスキルで満足するんじゃなくてプラスアルファするなら、やっぱり留学いいかなと思うんだよね。なんか、アイドルらしくない話になっちゃった!すみません!

萌咲さん:すみません!って(笑)。私の小さい頃の夢は、警察官や自衛隊の人や(笑)、アイドルになることだった。これからもアイドルとして誰かのためになることをやっていきたいけど、くもんの先生にもらったアドバイスを胸に頑張りたい。

楽々さん:アドバイスって?

萌咲さん:くもんの先生に「壁にぶち当たっても逃げちゃダメ、乗り越えた先に嬉しいことが待ってるから」っていうアドバイスをもらって、それが今も支えになっている。プロデュース48という企画で、韓国で3ヶ月サバイバル合宿をやった時も、韓国語がわからなくて辛いこともたくさんあったんだけど、「壁を乗り越えた先にきっと嬉しいことが待ってる」っていうアドバイスが頭をよぎって、頑張らないと!って思った。やっぱり壁を乗り越えようとする気持ちを持つことが結果につながっていくから。

楽々さん:勉強だけじゃなく、KUMONで人生の教訓を教わったっていうのがすごいね。

萌咲さん:そう言えば、AKB48に入る頃、くもんの先生と将来KUMONのCMに出られるようになったらいいね、という話をしていたのを思い出した。お仕事としてこの場にいることが何だか夢みたい。

楽々さん:そうだね!KUMON大使になることを目標に頑張ろう!

AKB48グループのアイドル2人に聞く KUMONで身につけた力とは?>>
指導者としての経験を持つ社員が語る、くもんの先生の魅力とは>>
AKB48後藤萌咲さん、SKE48後藤楽々さんの講演を通してママサポーターが感じたこととは?>>

0・1・2歳の親子のためのBaby

「夫婦が仲良くしていると、子どもは自然に育つ」

Baby

0・1・2歳の親子のためのBaby

「夫婦が仲良くしていると、子どもは自然に育つ」

Baby

0・1・2歳の親子のためのBaby Baby Baby